ウーマン

不妊に悩む方に捧げる|高齢でも望みはある

産後のママの為にも

赤子と女の人

取りたい栄養素

妊娠中に摂取量したい栄養素には色々ありますが、中でもカルシウムは後々ママにとって大切になるものなのです。まず何故、妊婦はカルシウムを摂取した方がいいのでしょうか。妊娠中は胎児の骨などを作るために、ママの体はいつも以上にカルシウムを必要としています。しかし、必要なはずのカルシウムが足りないと、ママの骨や歯などからカルシウムが溶けだし胎児に送られます。結果ママの骨密度の低下を引き起こしてしまうのです。骨密度の低下はこれから年を重ねていく上で、骨粗鬆症になったりする可能性もあるため注意が必要です。もちろん過剰摂取はやめましょう。便秘や皮膚のかゆみなどを引き起こしてしまいます。適切な量を食品やサプリメントから摂取することが大切です。

どのくらい必要なのか

では、妊婦は一日にどれくらいのカルシウムが必要なのでしょうか。妊婦が1日に必要なカルシウムの量は900mgです。これは非妊娠時の時に比べると、 1.5倍になります。いつも以上にカルシウムを取る事は、容易ではありません。食事から取るにはどんなものがカルシウムを含み、いかに効率よく食べるかです。カルシウムを多く含んだ食品と聞いて、いくつ思い浮かぶでしょうか。まずは、牛乳やヨーグルトなどの乳製品が有名です。他には、干しエビやイワシなどの魚介や、ひじきやわかめなどの海藻にも含まれています。しかし、妊婦はそれでなくても色んな栄養素を摂取しなければなりません。食事から摂取することを心がけることは大切ですが、サプリメントなども用いながら頑張りすぎないようにしましょう。